Ibaraki Prefecture Bowling  alley society


トップ > ボウリング豆知識 > ボウリングのマナー

マナー

ボウリングのマナー

マナーといっても難しいことはなくどれも常識的な事ばかりです。
ボウリングを楽しむ為に最低限のルールは守りましょう。

隣のレーンの人との同時投球はやめましよう

隣のレーンの人と同時に投球動作に入ってしまうと、距離が近いため投げにくく危険です。隣の人が投げ終わるまでアプローチの後ろで待ちましょう。同時に投球動作に入った場合は、右側の人が優先です。また、ボールをかかえたまま長い時間アプローチに立つのはやめましょう。

投げ終わったら、アプローチを離れるようにしましょう

投げ終わった後も、レーンの中で立ちつくしたり、はしゃいだりしないようにしましょう。隣のレーンの人のさまたげになりますしとても危険です。投球後は次の人に場所を譲るよう、プローチを離れましょう。

ロフトボウルはやめましよう

ボールを投げるときに、ドーンとボールを落としてしまう事を「ロフトボール」といいます。これはレーンを傷つけますますのでやめましょう。近くのレーンの人にも迷惑です。

アプローチで飲食をしないようにしましょう

清涼飲料水などをこぼさないでくたさい。アプローチにはオイルが塗ってあるため、水分などがつくとすべらなくなり、転んでしまうことがあります。万が一こぼしてしまった場合は、すぐに拭き取るか、スタッフにお願いしましょう。

使った用具はもとの場所にもどしましょう

ボウリングを楽しんだあとは、ボールはもとの棚へ、シューズはカウンターへもどしましょう。

ボウリングの豆知識